お尻の黒ずみは肌のターンオーバーを良くして改善しよう

メイク

くすみのない体にする

乾燥と古い角質が原因

笑顔の女性

お尻の黒ずみは、乾燥と古くなった角質が溜まることで起きると言われています。お尻は、体の中でも特に血行不良になりやすい部位で衣類などの刺激も受けやすい部位になります。その割に、ケアがきちんと出来ていないことが多いことなどから黒ずみに発展しやすいと考えられています。お尻の黒ずみを改善するには、まずは保湿を心がけるようにすることが大切です。保湿をして乾燥から肌を守ることで、肌のバリア機能が回復すると肌に透明感が生まれるようになり黒ずみが改善されます。また、美白成分が多く含まれたボディクリームを使うことも良いと言われています。お尻は、入浴後だけでなく乾燥が気になる時などこまめに保湿をすることが大切になります。

ピーリングも取り入れる

お尻の黒ずみ改善と予防には、ピーリングも欠かせないと言われています。ピーリングには、古い角質を除去して新しい肌の再生を促す作用があります。肌にはもともと再生する機能が備わっているので、自然に古い角質は除去されて新しく肌が生まれ変わり繰り返していきますがお尻のように血行不良になりやすい部位であれば肌の再生も上手く行われなくなり古い角質が溜まりやすくなります。そこで、ピーリングを取り入れることで新しいつるつるの肌にすることが出来ます。ピーリングはあまりやりすぎると逆に肌を傷めてしまうことがあるので、定期的に行う特別なケアの一つとして行うようにすると良いと言えます。お尻の黒ずみの改善には保湿と美白、ピーリングが必要になります。